ペット火葬後の遺骨は納骨堂に納める以外にも活用法があります

ペットを初めて亡くされた方のためのサイトです

納骨堂へ全ての骨を納める必要はありません

愛するペットが死んだ後も定期的にお参りに行きたいものですが、仕事は忙しく近くに納骨堂がないのでなかなか行くことができないという人もいます。そんな人におすすめできるのが、分骨です。ここでは、そんな分骨についてお話していきます。

分骨をする人が増えている

お墓

分骨とは、遺骨の一部を別の骨壷に納めて家に置いたり、ペンダントに入れたりと遺骨を取り分けることです。分骨を行なう人の多くが「ペットを身近に感じたい」という理由で分骨を行ないます。遺骨の他にも毛や爪、牙などを分骨用ペンダントに入れることもできます。上記の理由以外にも納骨堂が遠くてなかなかお参りに行けない人が分骨を行ないます。

分骨を行ないたい場合は、ペット火葬の事前に業者に伝える必要があります。分骨をしてはいけないという決まりはないので、分骨を行ないたい場合は予めその旨を伝えましょう。

メモリアルグッズはいろいろ

自宅に飾れる仏具を作る
分骨した遺骨を自宅に飾る場合は、基本的にミニサイズの骨壷が一つの例として当てはまります。また、ミニサイズの仏壇もあるので配置に場所をとる心配もありません。箪笥の上などに配置しましょう。なお、配置する場所の注意点としては、直射日光を避けて配置するということが挙げられます。日光にあたると仏壇が劣化し、色落ちしやすくなるからです。
アクセサリーやキーホルダーに加工する
分骨した遺骨を常に持ち歩きたい場合は、アクセサリーまたはキーホルダータイプのカプセルがあります。このカプセル内に分骨した遺骨や爪、牙、毛などを入れ、持ち運ぶことができます。デザインはシンプルなものが若干多めです。アクセサリー兼お守りとして利用している人が多く、上記のミニ仏壇でも若干スペースが心配だという場合はこちらが最適です。

TOPボタン