ペット火葬を行なった後、納骨堂にすぐに納める必要はありません

ペットを初めて亡くされた方のためのサイトです

ペット火葬から納骨堂へ納めるまでの流れ

ペット

ここでは、ペット火葬を行なった後の遺骨について説明します。遺骨はすぐに納骨堂へ納めても問題ありませんが、しばらくの間は自宅に置いて弔うこともできます。

ペット火葬の流れ

お迎え

ペットが亡くなった場合、まずはペット葬儀を行なっている業者さんに連絡します。この時、葬儀会社にペットの種類やサイズ、そして葬儀を行なう希望日時を連絡して予約を行ないます。内容に問題がなければ希望日時に葬儀が行なわれます。なお、ペットの遺体は自分で運ぶこともできますし、専用の車に来てもらい、葬儀を行なう場所まで運んでもらうこともできます。

個別火葬を行なう

遺骨を納骨堂に納める場合、個別火葬を行なう必要があります。個別火葬ならば火葬に立ち会えない場合、一任しても問題はありません。なお、火葬のみで葬儀を行なわない場合は火葬車にてペット火葬を行ない、お別れ式も行ないます。お別れ式の内容は従来の葬儀を行なう場合のお別れ式と同じです。ペットが生前好きだったおもちゃやタオルを入れてあげましょう。なお、火葬車の火葬は好きな場所で行なうことができます。

お骨上げ

火葬を行った後に、お骨上げをして遺骨を骨壷に納めます。そして遺骨が入った骨壷を骨袋に入れ、受取が終われば火葬は完了です。その後、お墓に埋葬するか、納骨堂に納めるかを決め、供養が完了次第料金を支払うことになります。なお、お骨上げは立ち会いでなければ葬儀会社のスタッフが代行し、後日に受け取ることもできます。

ペット火葬が終わり、お骨上げが終わった後は、すぐに遺骨を納骨堂に納めることができます。しかし、自宅に置き、しばらく自宅で弔うこともできます。

四十九日を過ごしてから納骨する人が多い

「しばらく自宅に置き、弔うこともできる」と上記しましたが、遺族の中には四十九日や百か日、一周忌など何らかの忌日に納骨堂に納める人が多いです。特に霊魂が天国に旅立つ日とされる四十九日に納骨堂に納める人は多いです。なお、納骨堂に納めた後は基本的にいつでも供養に行くことができます。

TOPボタン